2016年10月27日、横浜市産婦人科医会様の月例研究会にて、冊子「ダウン症のあるくらし」を紹介させていただきました。
冊子を発行した背景、特徴、利用されている方々の声をご紹介しました。

<紹介させていただいた内容>
〇冊子を発行に至った経緯:
ダウン症候群に関する患者様への情報提供における関係者の問題意識、情報提供を受ける側(妊婦、ご家族)の問題意識について。アンケート実施結果に触れながら説明
〇冊子の発行までのプロセス:
アンケート結果と海外の良好事例調査に基づき冊子配布の要件定義を行い、関係者レビューを踏まえて冊子を発行した過程を説明
〇冊子の特徴:
1.成長の様子や暮らしがイメージできる
2.不安に寄り添う
3.つながる先がわかる
〇利用されている方々の声
毎月、ヨコハマプロジェクトに寄せられる、利用者様の声の中から、最新のものをご紹介

今後もヨコハマプロジェクトは、ダウン症のあるくらしに関する情報伝達事業に取り組んで参ります。