Prenatal education coalition statement

(English vesion  follows)

[出生前からの学び(教育)に関する共同宣言]
ヨコハマプロジェクトの近藤寛子と、米国ケンタッキー大学人間発達研究所にある出生前・後(Prenatal and Postnatal)に関するナショナルセンターのステファニーメレディス氏は、2016年6月4日付で、出生前からの教育(学び)に関する共同声明を署名しました。

この声明は、世界中の家族が出生時診断の際に必要なサポートを受けられるようになることを目指し、ダウン症候群をはじめとする遺伝に関わる状態について、正確でバランスのとれた最新の情報を扱い、提供するための良好事例を共有する協働を宣言するものです。

本声明は、また、医療界と障がいに関わるコミュニティとが世界中で信頼関係を築き出すことを目指しています。

On June 4, 2016, Hiroko Kondo of the Yokohama Project in Japan and Stephanie Meredith of the National Center for Prenatal and Postnatal Resources at the University of Kentucky’s Human Development Institute in the United States signed a Prenatal Education Coalition Statement. The statement indicated their collaborative interests to share best practices for creating and distributing accurate, balanced, and up-to-date information about Down syndrome and other genetic conditions so that families worldwide can receive the support they need following on diagnosis. The goal of this coalition is to build relationships of trust between the medical and disability advocacy communities around the globe.