明けましておめでとうございます。 新年にあたり、ご挨拶申し上げます。2016年がスタートしました。皆さまにおかれては、本年がすばらしい一年となりますことを心よりお祈り申し上げます。

ヨコハマプロジェクトは設立から2年目を迎えました。設立当初は「障がいのある人もない人も、同じ体験を通してお互いの能力や特性を知るためのイベント」である、「チャリティウォーク開催」が団体設立のきっかけでした。その後、向こう三年間を見据えた活動方針を策定し、「ふれあい・交流事業」「情報伝達事業」「学び合い事業」を活動の3本柱とし、活動を進めています。また活動を継続できる組織体制づくりとして、昨年10月には任意団体から一般社団法人になりました。

昨年開始した活動を、継続的に運営できるよう努めると同時に、「ダイバーシティ」に関する社会の課題に対し、周囲の皆さまとのコラボレーションを大切にしながら、イノべーティブな取組みを進めていきたいと思います。

本年も、ヨコハマプロジェクトをどうぞよろしくお願いいたします。

2016年1月1日

ヨコハマプロジェクト
代表 近藤 寛子