「学び合い事業」は、ヨコハマプロジェクトの「交流・ふれあい事業」「情報伝達事業」に並ぶ3つ目の中核事業です。
冊子「ダウン症のあるくらし」で取り上げられている「人生の各ステージにおける状況・とりまく社会、基盤となる制度、支援プログラム等に着目し、ソーシャルインクルージョンに関する国内外の良好事例を学ぶ活動を行います。

直近の活動

障がいのある子どもの発達検査、就学時健康診断、就学、学校生活について考えるワークショップ(シリーズで開催)

第2回ワークショップについて(11/26開催)(NPO法人ドリームエナジープロジェクトとの共催)・・・詳細は上記リンクをご参照ください。

 

メインスピーカー:アッシュモア広美さん

第1回ワークショップ(10/29開催)

メインスピーカー:古市理代さん

 

終了した活動

特別講演会開催。米国のダウン症候群の当事者や家族と医療関係者等との橋渡し役の第一人者であるステファニー・H・メレディス氏を講師に招いて日本財団にて。

BEYOND_THE_PHENOTYPE_チラシ+

チラシはこちらよりダウンロードいただけます 

↓ ↓ ↓  

BEYOND_THE_PHENOTYPE_チラシ+

 

詳細はこちら

プレスリリース 米国識者による特別講演会開催 ”BEYOND THE PHENOTYPE”

特別講演会「BEYOND THE PHENOTYPE 〜 PHENOTYPE(表現型)からは見えないもの。米国事例を参考に日本で実践できることを考える」

特別講演会 講演内容「BEYOND THE PHENOTYPE 〜 PHENOTYPE(表現型)からは見えないもの。米国事例を参考に日本で実践できることを考える」

特別講演会が米国でもアナウンスされました! 〜米国ケンタッキー大学附属機関が公表〜

実施終了した活動