ヨコハマプロジェクト発足のきっかけは、ダウン症のある方々との出会い、
そして、ダウン症をはじめとする多様性に関心のある仲間との出会いです。

ここで、ダウン症を簡単にご紹介します。

=============================================================================

ダウン症 
ダウン症(正式名称 ダウン症候群)は、体細胞の21番染色体が計3本になる状態に伴い、
現れる先天性の疾患群。
発症する主な疾患として、知的障害、先天性疾患、低身長などが挙げられるが、
必ず発生するわけではない。
最初の報告者である英国のジョン・ラングドン・ダウン博士にちなんで命名。

=============================================================================

 

日本の社会が、多様性の受容(インクルージョン)へと進もうとする中、多様性の一つである
ダウン症のある人はどのような暮らしをしているのか、またダウン症をとりまく国内外の社会は
どのように変わってきているのか、私たちは、多様性の視点から見た生活や社会環境の変化に
関心を持っています。

私たちは予感しています。

ダウン症と向き合うことで、私たちの社会を見つめなおすことができ、そして
より多様性を受容できる社会になるきっかけがうまれるかもしれない、と。